インプラントの費用は医療費控除|賢く口内を正常化

耐久性に優れた素材

女性

歯がズキズキと痛む場合は虫歯の可能性があります。そんな虫歯は日本人によくある病気の1つで、歯を失う原因の3割を占めているのです。虫歯治療をしたことのある人なら銀歯を入れたことがあるでしょう。銀歯というのは虫歯の穴を削って治療したときに、その穴を塞ぐために被せるものです。保険が適用されるので安い費用で被せ物をすることができるのですが、長年つけ続けると劣化して不具合を起こすことがあるのです。茨木にある歯医者ではそんな銀歯を自費診療でセラミックやジルコニアに変えることができます。銀歯を長年つけることで劣化して歪み歯と銀歯に隙間ができてしまうでしょう。そうするとそこに食べカスが入り込んで虫歯を再発させてしまいます。しかし、茨木の歯医者でセラミックの被せ物を使えばそんな心配もいりません。なぜなら、セラミックという素材はとても耐久性に優れているからです。セラミックはとても硬く色も白いので審美性に優れています。銀歯を入れていると虫歯治療の跡だとバレてしまいますが、セラミックならそんな心配もありません。また、セラミックは金属ではないので金属アレルギーを引き起こすこともないのです。茨木にある一部の歯医者ではセラミック以外にジルコニアという素材を用いています。このジルコニアというのは人工のダイヤモンドで、セラミックと同じように耐久性や審美性に優れています。この他に、セラミックとプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックを使っているという茨木の歯医者もあるのです。